医療法人共生会びろうの樹脳神経外科|グループホーム│ショートステイ|小規模多機能型居宅介護事業所|通所リハビリ|居宅介護支援事業所|鹿児島|志布志

qrcode.png
http://birounoki.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

医療法人共生会
〒899-7402
鹿児島県志布志市有明町野井倉8041-1
TEL:099-477-1212
FAX:099-477-2626

------------------------------------
・グループホーム
・ショートステイ
・小規模多機能型居宅介護事業所
・通所リハビリ
・居宅介護支援事業所
・びろうの樹 山重
・びろうの樹 こどもの家
------------------------------------
062985
 

脳神経外科

 

所在地

所在地
 
住  所   鹿児島県志布志市有明町野井倉8041-1
電  話   099-477-1212
F  A  X         099-477-2626
 

スタッフ

スタッフ
 
院長   菅田育穂(認知症サポート医)
医師   福森和彦(認知症サポート医)・新里友美・平原正志
 

診療時間と科目のご案内

診療時間と科目のご案内
 
診療時間
代替テキストをご記入ください
午前の部…… 9:00~12:00
午後の部……15:00~18:00
 
※木曜日は午後休診です。
※土曜日の午後は17:00迄です。
※日曜・祝祭日は休診です。
※12月31日の診療は午前中迄、1月1日~3日は休診です
 
診療科目
代替テキストをご記入ください
※科目名・・・・・脳神経外科・整形外科・内科・放射線科
                  リハビリテーション科・循環器科
       ※当医院では以下の検査を行っています。
         MRI・CT・レントゲン・エコー・心電図・骨密度検査
         血液検査・胃カメラ(指定日のみ:水曜日午前中)   
・入院施設・・・・ 有(19床)
・救急指定・・・・ 有
・往 診・・・・・ 可
・訪問看護・・・・ 可
・訪問リハビリ・・ 可
 
 

びろうの樹脳神経外科 外来診察予定表

びろうの樹脳神経外科 外来診察予定表
 
第1診察室
曜 日 午前 午後
月曜日 院 長 院 長
火曜日 院 長 院 長
水曜日 院 長 院 長
木曜日 院 長 休 診
金曜日 院 長 院 長
土曜日 院 長 院 長
   
院長の診察が福森先生、新里先生、平原先生に代わる時もあります。受付でご確認ください。
その他鹿児島大学脳神経外科・旧第1内科・宮崎大学整形外科より診療があります。
 
   
代替テキストをご記入ください
●当院は予約なしで受診できます。
できるだけ臨機応変な対応を心掛けております。
混雑時にはお待たせするかもしれませんが、ご容赦ください。
また、午後からの診察は手術のため多少お待たせする場合があります。受付の際ご確認ください。 
●保険証をお持ち下さい。
 初めての方は必ず保険証をお持ちのうえ受付され、待合室でお待ちください。
 
 
 

もの忘れ外来

もの忘れ外来
 
当院では認知症サポート医による「もの忘れ外来」を行なっております
   
もの忘れ外来とは?
「もの忘れ」が気になっておられる方のための外来です。
「もの忘れ」には、加齢に伴うものと病気によって引き起こされるものがあります。加齢に伴う「もの忘れ」は誰もが経験することですが、病気による「もの忘れ」の場合は、放っておくと進行し、日常生活にも支障をきたすようになります。
日常生活にも支障をきたす程の「もの忘れ」を起こす病気を「認知症」と言いますが、認知症には様々な原因があります。
なかには、認知症と間違えられやすい病気もありますので、これらの原因を早期に発見し、診断し、原因に応じた治療を早期に開始することが望ましいと思われます。
   
対象の方
・もの忘れが気になる方、なり始めた方
・もの忘れなど行動の変化に気づかれた方
・怒りっぽさややる気のなさなど、いままでとの違いが気になり始めた方
・ちょっと心配のある方、あるいは周囲から勧められた方など、どなたでもご相談ください。
   
外来のご案内
診察日時:月曜日〜金曜日 午後3:00〜5:00(予約不要)
相談受付:脳神経外科外来
     ☎︎ 099-477-1212
受診について:診察は認知症サポート医である菅田育穂医師、福森医師が行います。
       他院からの紹介状のある方はご持参ください。
 

手術室

手術室
 
脳神経外科手術には絶対必要な機器として、鹿児島県でも有数の機器をそろえた手術室です。
清潔で明るい手術室で高度な技術と新進の機器で年間100症例前後の手術が行われます。
 

リハビリテーション科

リハビリテーション科
 
リハビリテーションとは!
リハビリテーションは病気や外傷が原因で心・身の機能と構造の障害と生活上の支障が生じたときに、個人とその人が生活する環境を対象に、多数専門職種が連携して問題の解決を支援する総合的アプローチのことです。
当院では主に脳血管障害によって起こる日常生活(歩行・家事・飲み込み・コミュニケーションなど)の問題を解決するために、患者様一人一人に合わせた訓練を行い、病前の生活に近づけるよう手助けいたします。
   
理学療法士:4名
理学療法は身体に障害のあるものに対し、基本的動作能力の回復を図るため、治療体操・その他の運動及び電気療法、マッサージ、温熱・その他の物理的手段を加えることを言います。
   
作業療法士:1名
作業療法士は、人間として生きていく上での活動を理解・分析し、利用できるよう力を身につけることが不可欠とされていて、入浴や摂食などの日常生活動作から、職場復帰にいたるまでにかかわっています。
   
言語療法士:3名
言語聴覚士は音声機能(声質)や言語機能(コミュニケーション)に障害のある者について、その機能の維持・向上を図るため、言語訓練、その他の訓練、必要な助言及び検査・指導・援助などを行います。
   
鍼灸マッサージ師:1名
針灸マッサージ師は、ツボや筋肉を刺激することで血流改善を促し痛みの改善・予防を行います。針は髪の毛と同じくらいの太さで感染予防のために使い捨ての鍼を使用し、灸は台座の上に艾(もぐさ)をのせた物で火傷になりにくい物を使用しています。
 
 
     マッサージ
 
      灸
 
      針
 

放射線科

放射線科
 
CT

CT    

GE社製  LightSpeed VCT

 

 

最近のX線CTで注目されているのはMDCT装置です。MDCTとは「Multidetector CT:多列検出器CT」のことで、従来のCTではX線を受ける検出器が1列しかなかったのものを2列、4列、8列、16列、32列、64列と多列化することによって、同時に撮影できる断面数が増え、X線の使用効率がよくなり、撮影時間も短縮されます。MDCTのすばらしい点の一つは、横断面(輪切り)だけでなく、縦切りや斜め切りなどの任意の断面での観察が画像の質を落とさずに可能になったことです。
検査速度は、列数が多いほど高速で、心臓などの動きのある臓器の検査に対応します。息を止める時間も短く、検査時間も短時間で済みます。従来のCTでは描出が困難だった心臓の冠動脈の撮影もできるようになりました。当院ではGE社製の64列CTを使用しております。

 
MRI

MRI   

GE社製  SIGNA EXCITE XL Hi Speed Plus 1.5T

 

Magnetic Resonance Imagingの頭文字をとったもので、日本語で磁気共鳴画像といいます。MRIとはラジオと同程度の周波数をもつ電波を身体に当てて、そのときに出る微弱な信号を読み取って、任意の断面で画像化します。
MRIは、CTと違いX線を使わず、磁力と電波(電磁波)を使用しているため、放射線被曝はありません。
MRI検査室は、非常に強い磁場が発生しているため、金属類の持ち込みは禁止となっています。
  また、体内に金属類が入っている方は、MRI室に入室する前に知らせてください。
例)心臓ペースメーカー・脳動脈クリップ・人工内耳
  その他外科手術で埋め込んだクリップなど
  事故などで体内にはいった金属片
  化粧品のなかには金属成分を含んでいるものがあるため、化粧を落としていただくことがあります。
  刺青のなかにも、金属成分が含まれているものがあるため、検査ができない場合があります。

 
PACS

PACS

 

PACSとは、医療用画像管理システムのことです。

一般撮影,CT,MRIといった画像撮影装置から受信した画像データを保管、閲覧、管理します。フィルムを使用しないので環境に優しくフィルムの運搬や保管に伴う手間やコストがかからず業務の効率性を向上させることができます。

 
X線骨密度測定装置

X線骨密度測定装置  GE社製 PRODIGY

 

X線を使って、腰椎や股関節の骨密度を測定します。
測定されたデータをコンピューターで解析し骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の診断を行います。骨粗鬆症になると骨がスカスカの状態になり骨の変形が起こりやすく腰痛や骨折の原因になります。

 
一般撮影

一般撮影

 

 

皆さんがX線検査で、一番、身近に受ける胸や骨の写真を撮る装置です。
フィルムにX線を当てて写真を撮るのではなく、デジカメのように画像を覚えておく記憶装置にX線を当てて写真をデジタル画像に処理する機械です。モニタで見たり、写真にプリントしたりします
 
外科用CアームX線装置

外科用CアームX線装置  OEC 9900 Elite

 

手術室の中で使用する装置です。主に整形分野の手術で透視画像を見ながら

骨を整復したり接合したりします。

あらゆる方向からのアプローチが可能な構造となっています。

 
全身用血管造影装置

全身用血管造影装置 Innova3100

 

 

血管造影検査は、血管内にカテーテルと呼ばれる直径数mmの細いチューブを挿入しこれをX線透視下に目的とする血管まで誘導して、病気の検査・治療を行ないます。

 

頭部血管造影検査

頭部の血管や頸の動脈を造影検査し、くも膜下出血の原因になる脳動脈瘤にコイルによる塞栓術やまた、脳梗塞の原因になる頸動脈の狭窄にはステントを挿入したりバルーン(風船)で拡張させたりします。

 

下肢動脈造影検査

骨盤から足先までの血液の流れを見て、閉塞性動脈硬化症により狭窄している場所にステントを挿入したりバルーン(風船)で拡張させたりします。

 

その他関連施設

その他関連施設
 
1.ショートステイ
2.小規模多機能型居宅介護
3.居宅介護支援事業所
4.通所リハビリテーション
5.グループホーム
6.介護付有料老人ホーム びろうの樹山重
7.託児所 びろうの樹子どもの家
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<医療法人共生会>> 〒899-7402 鹿児島県志布志市有明町野井倉8041-1 TEL:099-477-1212 FAX:099-477-2626